海外FXで禁止されている内容を確かめよう

最近では海外FXが注目され、国内の業者にはないメリットがあり副業として視野を広げるために挑戦しようと考える人も増えています。
しかし、禁止されている内容もありすると口座凍結や出金や約定を拒否されることもあり、事前に確かめてトレードを行うことが大事です。

禁止されている内容は両建てをすることであり、複数の口座や業者、チームで共謀することがあります。
そのほか、アービトラージやサーバーを不正に遅らせること、窓だけを狙った取引があり、国内の業者とはルールが異なることを理解し責任を持って取引をする必要があります。
海外FXといえばレバレッジが高く一獲千金を狙うチャンスもありますが、きちんとルールを守って利益が出ても資産を失わないよう注意することが大事です。

情報が少なく初心者にはリスクがある

海外FXに関する情報は意外と少なく、マイナーな国に本社があり無許可で営業を行っている場合もあります。
また、日本の金融庁の許可を受けてないため国内では海外の業者を利用することは推奨されていないため、トラブルが起きて後悔しないよう自己責任でトレードを行うことが重要です。

海外FXはレバレッジが最大で1000倍にもなり少ない資金でもトレードができ、新規口座開設や入金でボーナスをもらえるなどサービスが充実しています。
しかし、実際には詐欺の勧誘である場合もあり、誘惑に負けると預けた資金をだまし取られたり出金を拒否されるなど罠にハマるリスクもあり注意が必要です。

詐欺の被害にあわないようにするためには事前に運営者情報が明記され日本語対応であるか確かめ、利用者の口コミや評判が良い業者を選ばないといけません。

無許可営業の可能性が高い

海外の業者は金融ライセンスがないと出金や約定を拒否する場合もあり、せっかく利益を出しても出金できなくなり利用する意味がなくなります。

また、ボーナスはそのまま出金できず元手にトレードをして利益を出して初めて現金を受け取れますが、実際には多くの手数料がかかったり送金までに時間を要することが多いです。
通貨ペアごとのスプレッドが広く取引コストが高くなり、利益が出ても少なくなり短期売買には向いていません。
無許可営業の業者は信託保全を義務化されていないためある程度の資金を集めれば計画倒産をするケースも多く、金融ライセンスがなければ選択肢から外すようにしないと後悔をすることになります。