ビットコインに代表される仮想通貨(暗号資産)には色々な種類があります。
そのビットコインは世界的にも一番有名な存在で、日本でも盛んに取引が行われており、きちんと評価されているものなので、急激なレート変動こそあっても価値が0になるということはまずないでしょう。
ですが、中にはほとんど無価値なものもあるのが実情で、副業になるなどと言われてそのようなものを買わされてしまう詐欺には気をつけないといけません。

日本でこの仮想通貨として認められているものは、金融庁に登録が行われています。
その金融庁が発表しているホワイトリストを確認するとその一覧が分かりますが、そこに名前のないものは少なくとも国内の業者では扱っていない為、手に入れたとしても海外の業者を利用して取引を行うか、日本でこの登録が行われるまで待つ必要があります。
海外の業者にしてもそれを扱っているところが簡単に見付かるとは限りません。

そのようないわゆる日本で未公開の仮想通貨を購入しないかという詐欺まがいの誘いがSNS上などで増えています。
もし購入したとしても、少なくとも日本では取引が行えない為、持っていても副業どころか何にもならないことがあるので注意が必要です。
そういった誘いには乗らないのが一番ですが、日本で取扱いが始まると、一気に価値が上がる場合があります。

つまり、株式でいう上場前の銘柄のようなもので、それを期待して少しでも購入してみようと考えた時には、まず仮想通貨に詳しい人に相談してみましょう。
仮想通貨の話題を扱っている掲示板などで口コミを見ることも大切です。

このような未公開の仮想通貨で一発を当てようと考えている人も多いので、その可能性があり、注目されているものは少なからずどこかに話題が出ているものです。

どこにも口コミなどがなく、全く話題になっていないものには手を出さない方が無難です。
一度購入してしまうと買い戻して返金してもらえる可能性はほとんどなく、本当にただそれを持っているというだけになってしまいます。
もちろん全ての未公開の仮想通貨がそのような存在という訳ではありませんが、積極的にその購入を迫ってくるようなものはまず怪しいと考えて構いません。

後から日本で扱うようになることを期待し、青田買いとして買ってみようという場合には、その分を丸々損をしても構わない程度の金額までにしておきましょう。

仮想通貨は実態のある株式や外貨とは違い、価値が無くなる時には一瞬でそうなってしまう性質があります。副業で儲けるどころか大損をしてしまうことがないように注意をして取引を行ってください。