仮想通貨におけるマイニングの種類

仮想通貨にはマイニングという手法で仮想通貨を得る方法があります。
これは膨大な仮想通貨に使用されているデータを自分が所有しているコンピュータで計算をしてその結果計算が合っていた場合、報酬として通貨を得るということです。

言い換えれば他人が所有または取引している仮想通貨の情報をきちんとあっているか帳場を付けて他の帳簿とあっているかどうかを確認してから報酬を得るということです。

このマイニングには方式がありまして、1つは自分一人で取引の情報を整理して帳簿とあっているかを確認するソロマイニング、2つ目は、クラウド化した方法でマイニングを行う方法です。

この方法はマイニングに参加したい希望者のみで構成されているサーバー上とマイングに参加しているコンピュータとの間でやり取りされます。

その為、自分一人でマイニングをすることと比べてパソコンにかかる負荷が減少します。第3者にマイニングを委託する形になりますので自分のパソコンでマイニングするよりもパソコンにかかる負荷も減り電気代も安くなるということが利点で特に電気代の安い海外の方に委託することが多いです。

3つ目の方式としてはマイニング専門のプロ集団の方に依頼してマイニングをしてもらいその報酬額の何パーセントかを差し上げるというマイニングもあります。
マイニングは、高性能なパソコンを必要としており、言い換えれば、高性能な計算機を持っているとマイニングにおいて成功率が上がるという仕組みです。

日本においては電気代などが海外よりも高いため、委託をすることでその報酬分の何パーセントかを差し上げてもマイニングで成果を得られるという仕組みです。

ちなみに、現在でもマイニング専用のパソコンというものが売られていて中にはパソコンとしても使用できる機器もあります。
かなり高性能なCPUやグラフィックを搭載していて、それらの領域を使用してマイニングを行うと言う訳です。

マイニングに使用する領域にもさまざまな領域を使用し、例えばCPUの使用されていない領域を使用する物やグラフィックカードの使用されていない領域を使用してマイニングを行うものがあります。

だから、マイニングをする際、必要以上に高性能なパソコンを必要としている訳です。グラフィックカードのGPU領域が多いとその分計算も早く正確になるため、一時期グラフィックカードの値段が高騰したというのはマイニングが原因です。

以上がマイニングの種類のお話ですが、マイニングには種類があり、マイニングを一人で行う場合、高性能なパソコンが必要になるというお話です。

SNSでもご購読できます。