便利で副業にも向いている仮想通貨

仮想通貨、今や知らない人の方が少ない言葉となりました。
投資して副業として活用している人も居ます。
かつて億り人を大量に作ったBitcoinですが、その一時のイメージに影響され、投資詐欺に遭った方も居ます。
世の中簡単に儲かる仕事はありませんが、仮想通貨ではそれが可能な時もあります。どうすればそういった機会を逃さずに、また詐欺に遭わないように出来るのか。それは、信頼出来る情報源を探す、データのリソースを確認する事です。

画像は簡単に加工する事が出来ます。
その為証拠画像一枚だけで信用する事は基本的に出来ません。
そのデータは何処がいつ提供していた物かを確認する事が大切になってきます。
LINEのグループやDiscordのグループから、仮想通貨投資に誘われる事もあります。

そういった話が詐欺の場合に多いのは、新しい仮想通貨を先行購入出来ます、という話です。またネットワークビジネスに酷似した形になっている仮想通貨もあり、紹介者に一口数万円~数十万円購入してもらうと、紹介した人に一定額の報酬が発生するという物もあります。そういった仮想通貨投資の話に多いのは、これから上場するとか、世界的に有名な場所で使えるようになるといった事です。

詐欺被害の件数が多いからと言って、全ての情報が詐欺の為に作られたものではありません。仮想通貨取引では多くの大手会社が参戦しており、またその投資についても大手でも行われています。
ですが仮想通貨が作られてあまり時間の経っていない時期ならまだしも、簡単に資金が数百倍や数千倍になる事はありません。

仮想通貨は投資としての入り口が広く、誰にでもチャンスがあるように感じる事もありますが、他のもの、例えば株や金などの取引と同じように知識をつけ、リスクの少ないもので経験を積む事が必要です。

FXなどもそうですが、デイトレーダーという人も居ますが、それは一握りで、多くの人は大手会社に投資信託という形や外貨預金、国債などに専門家に相談しアドバイスを受けながら投資をします。その方がリスクを圧倒的に少なくする事が出来るからです。

最近は仮想通貨という言葉から、暗号資産という言葉に変わりつつあります。
リターンが大きくなる可能性のあるものはリスクも得てして大きいものです。仮想通貨は数倍に膨らむ可能性は大いにありますが、その補償はゼロの場合が多く、大手取引所でも個人情報が漏洩したりと、ハッキングの可能性が低くない事も理解する事が大切です。

SNSでもご購読できます。